妊婦さんのためのレンタルドレス

妊婦さんのためのレンタルドレス 妊娠中に結婚式などのイベントに呼ばれることもあるでしょう。その場合、自宅にドレスがいくつかあっても、妊娠前に購入していたものであればいずれもサイズが合わず、どうしようかと悩むことになります。そのような時におすすめなのが、レンタルドレスのサービスです。レンタルドレスの業者が用意している衣服のラインナップの中には、妊婦さんのためのマタニティドレスも多数用意されています。数千円から借りられてお得ですから、人生の中であまり着る機会のないマタニティドレスを購入するなら、必要な時にだけ借りられるレンタルドレスのサービスを利用することも検討してみましょう。

マタニティドレスをレンタルドレスで借りる際には、いくつか注意すべきポイントがあります。裾のすぼまったタイプやコクーン型のドレスは人気で、お腹が出てきたときにふんわりと体を覆ってくれるので目立ちません。しかし、このようなドレスを借りる際には、少し大きめのサイズを選択することが大切です。なぜなら、お腹が大きくなるとその分生地をとられるからです。生地が引っ張られ丈が上がると、足が露出して、せっかくのドレスのきれいなフォルムも台無しになってしまいかねません。このような失敗を避けたければ、フレアスカート系のドレスがおすすめです。生地がたっぷり使われているので、お腹が大きくても丈が上がりにくく、足が目立つ事態も回避できます。

意外と見落としてしまうのは、バストの問題です。妊娠するとお腹だけでなく、バストも大きくなります。ところが妊娠前の普段のバストサイズで選択してしまう人がたくさんいます。普段のバストサイズで選び、実際にドレスが届いてから着用すると、胸元が苦しく感じるようになります。場合によってはファスナーが胸のところでつっかえてしまうといったハプニングも起こりえます。特に胸元で切り返しのあるデザインのものをレンタルしようと思っているのなら、バストサイズやアンダーサイズについて確認しておいたほうが安心です。

マタニティドレスを選ぶ際には、ママらしい雰囲気のものをチョイスしましょう。優しいトーンで気品を感じさせてくれるようなものがおすすめです。お腹がかなり大きくなってくると、あまり目立たないものがいいと思う人もいるでしょう。その場合にはフリルやプリーツがレイアウトされているようなものが適しています。デザインがカムフラージュする格好で、お腹の出っ張りが目立たなくなります。

最新ニュース